ミソサザイ

昼頃には日差しが望めるとの予報で出かけてみたものの、太陽は一回も顔を覗かせず、冷たい風が吹き始めとても寒い一日だった。こちらはミソねらいで行ったのだが、ミソねらいのカメラマンは誰もいない。独り占めというかちょっぴり寂しい。ミソは良く出てきてくれた。まだ、地鳴きというか小さな声で鳴くだけなのでミソらしい大きく口をあく仕草は見られなかった。
d0121272_2002737.jpg
d0121272_2005437.jpg
d0121272_201823.jpg
d0121272_2012716.jpg
d0121272_2022578.jpg
d0121272_202569.jpg
d0121272_2032329.jpg
d0121272_2052984.jpg

by koazenokawasemi | 2010-03-02 20:06 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by チー毛呂 at 2010-03-02 20:35 x
初物! えーーこんなに、出てくれたのー
またまた去年(4月)の、それ以上の写真が見れそうだね。
Commented by koazenokawasemi at 2010-03-02 21:12
チー毛呂 様
 まだまだただいるだけのミソです。大きな声で鳴くようにならなくてはダメですね。今年も良いミソを撮りましょうね。
Commented by naosann67 at 2010-03-02 23:19
ミソのこの季節の姿を経験していません。初夏の長野での大接近して囀られたことを思い出しました。
Commented by ysyk-sekine at 2010-03-02 23:25
ミソサザイの姿、初夏の囀りが待ちどうしいですね
良いポイントをお持ちですね(羨)
Commented by koazenokawasemi at 2010-03-03 07:07
尚 様
 早くあの綺麗な声を聞きたいですね。今年もあちこちで楽しませてくれるると良いのですが。
Commented by koazenokawasemi at 2010-03-03 07:11
小江戸の狸 様
 今年も昨年のような良いシャッターチャンスに巡り会えると良いですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 久しぶりのミヤホ 雨のち曇りⅡ >>