暑いセッカ撮り

午後2時間ほどいつもの田圃に行ってきた。セッカはいるが、最近追いかけ回す人が出現してからか落ち着かなくなった。今日も見慣れない車が一台止まっていた。暑い中、椅子に座り鳥が来るのをじっと待つ撮り方をしている我々は堪らない。探鳥というより我々を見つけて鳥を撮るというのは随分楽な方法だと思う。暑い中歩き回りやっと探したポイントが荒れてしまう。自分で探せばいいと思うがなぜしないのだろう?探鳥はネットや携帯でやりとりするものではないと思う。そしてすぐ仲間に連絡し、見知らぬカメラマンがやってくる。もちろん追いかけ回す撮り方だ。有名なポイントならともかく、鳥がいないこの時期に自分で探して数少ない楽しみの場所としているものにとっては本当に堪らない。
 今日は本命の場所には1回しか来なかった。まわりの草の上に降りるだけだった。
d0121272_1815197.jpg
d0121272_18151364.jpg
d0121272_18154212.jpg
d0121272_1816255.jpg
 タヌキとキジの2ショット
d0121272_18203791.jpg
 イタチもやってくる。
d0121272_18233525.jpg
 暑いからかアオダイショウも水の中
d0121272_18251461.jpg
 ちょっと湿ったところにはコチドリがいる。
d0121272_18265952.jpg

by koazenokawasemi | 2010-08-26 18:29 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 暑いセッカ撮り Ⅱ オオタカの食事 >>