今日もノビタキ

朝どこに行こうかと迷ったが確実なノビタキに決めた。ここのところこのポイントに通っているがチャリンコカメラマンにとって近いのがなによりでそれに鳥はいる。今日もポイントの定位置に椅子を出し、縮めた三脚にカメラをセットしてから双眼鏡で周囲を探すと遠いところにノビタキはいた。後は鳥がやってくるのを待つだけ。時々双眼鏡を覗くと徐々に近づいてくる。30分程度経ったときついに鳥が来た。ここの「はざかけ」用の丸太は鳥にとって餌を捕りやすいのか一度来ると暫くいてくれる。フライングキャッチでトンボや小さな虫を、下に降りて小さなバッタなどを捕ってくる。特に今日はこの場所から離れてくれず、少し離れたところにおいてある自転車にお昼の弁当を取りに行くことも出来ず、鳥が飛び去って昼食にありついたのは随分と遅くなってからだった。昼食後もある程度の間隔で鳥は来てくれたが、帰ってからの整理が大変なのを思い出し早上がりとなった。
d0121272_19315535.jpg
d0121272_19322339.jpg
d0121272_19323433.jpg
d0121272_1933740.jpg
d0121272_193458.jpg
d0121272_19345667.jpg
d0121272_1936299.jpg
d0121272_19363952.jpg
d0121272_19371821.jpg
d0121272_19374536.jpg
d0121272_1938167.jpg
d0121272_19382876.jpg
d0121272_19461429.jpg

by koazenokawasemi | 2010-10-16 19:42 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by 小江戸の狸 at 2010-10-16 21:32 x
今日も良い出会いが有りましたね
毎日でも遭いたくなりますね、撮れ過ぎるとは贅沢な悩みですね。
Commented by koazenokawasemi at 2010-10-16 22:34
小江戸の狸 様
 待っていれば向こうから来てくれる、というか動くと近くには来てくれません。椅子に座ってのカワセミ撮りと同じです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ツルシギ 近場のノビタキ >>