マユミ

ジョウビタキはマユミが大好物のようだ。たまに食べに来るだけなのでただの好物だけかも知れない。今日も熟したマユミの傍で待っているとジョウビタキがやってきた。マユミはジョウビだけではなくシジュウカラ、メジロ、コゲラ、ルリビタキ等も好物だ。ただし、マユミの種には毒がある。シジュウカラは足で実を押さえて赤い周りだけ食べる。メジロやコゲラ等は実をそのまま飲み込むが、周りだけ消化して種は糞と一緒に排出する。落ちた種はうまくゆくと発芽する。いわゆる逸出だ。植物の子孫を残す戦略に脱帽するばかりだ。今年はあちらこちらにマユミが生育している。逸出がうまくいっているようだ。
d0121272_1961784.jpg
d0121272_1965110.jpg
d0121272_1973121.jpg

by koazenokawasemi | 2011-11-13 19:08 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by ちー毛呂 at 2011-11-13 19:52 x
あれれーー今日は、おとなしい鳥てすね。いつもの羽広げの過激な小畔さんでないですね。
ベニマシコそろそろですね。まだ、来ないのですか。来たら見せて下さい。
Commented by koazenokawasemi at 2011-11-13 21:56
ちー毛呂 様
 暖かな一日でしたね。早く色々な冬鳥が見られると良いですね。出るまで頑張りましょう。明日はお山に行ってきます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< マユミその2 冬鳥その2 >>