セッカ

ここに来てセッカが益々近くに降りてくるようになった。カメラの横の桑だ。そっと椅子から立ち上がり、ゆっくりカメラを向ける。セッカは時々こちらを見るが飛び立つ様子はなく暫くモデルになってくれる。そして桑の上で鳴き始めたらゆっくりと一歩一歩近づいてみる。これで数歩は近づける。
 毎年、椅子に座り、近くに降りてくるのを待つ撮り方でセッカに遊んで貰っているが、始まるのが暑くなってからで、私のセッカ撮りは直射日光、暑さとの戦いとなる。最近、楽天で「クイックドライクールスカルキャップ」と言うものを購入した。これが中々良い。水に濡らし絞ったものを麦わら帽子の下に被るとひんやりして気持ち良い。紫外線も99%カットと言うことなので首の後ろの日焼けも防げる。もっとも、もう既に日焼けしているので効果の程は分からない。ただこれを被っていると麦わら帽子が脱げやすく、先日は自転車で移動中、橋の上で強い風で脱げ、危うく遙か下の川に落としそうになったほか、トラックが脇を通った風で、道路から随分下の田圃に落とし三脚をのばして拾い上げたことがあった。それでも良いものだと思う。
d0121272_14131948.jpg
d0121272_14133597.jpg
d0121272_1414711.jpg
d0121272_14153362.jpg
d0121272_1416719.jpg
d0121272_14165519.jpg
d0121272_141716100.jpg

by koazenokawasemi | 2012-08-02 14:21 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ミソサザイ セイタカシギ >>