ルリビタキ

 朝、余り物で弁当を作り、出かける前に天気を見ようとガラス戸を開けると寒い。途端に外に行く気が薄れ、先ずは熱い珈琲を飲んでから、メールのチェックをしてから、飼育している小動物に餌を与えてからとか、普段あまりしないものまで行って、ダラダラと時間が過ぎていくのを待っている状態がここ2,3日続いている。結局、弁当は家での昼食となる。家での弁当は、寒い外で食べるよりは良いが、中身は冷たい。昼まで家にいるのなら暖かな昼食が良かったといつも思う。ただ、熱い緑色のお茶は飲める。魔法瓶の変色した生ぬるいお茶よりはずっと美味しい。弁当を食べ終わる頃には気温も上がり、ようやく出かける気分になる。
d0121272_164544.jpg
d0121272_1652972.jpg
d0121272_1661572.jpg
d0121272_1662854.jpg
d0121272_1671737.jpg
d0121272_1683436.jpg
d0121272_169123.jpg
d0121272_1693344.jpg

by koazenokawasemi | 2013-11-18 16:11 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 雀のお宿 秋セッカ >>