ササゴイ幼鳥

やっと雨が止みました。雲の合間からうっすら陽が差しています。もう降らないと良いのだけど!

チビササゴイもすっかり大きくなり今日は狩りの稽古です。
小枝や葉っぱで魚捕りの練習。
d0121272_21143955.jpg
d0121272_21151314.jpg
d0121272_2115451.jpg
d0121272_2116327.jpg
d0121272_21161531.jpg
d0121272_21164728.jpg
d0121272_21174290.jpg
d0121272_21181683.jpg

by koazenokawasemi | 2015-09-09 16:42 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by reikogogogo at 2015-09-10 10:08
ササゴイの幼鳥も幼さが見て取れます、オオタカの親子・メジロやシジューカラの子供達の水浴び
小枝で遊んでいたオオタカが後ろにひっくり返ったのには笑いまし他。
笑えたのはシロトビの排泄シーンもです、信州の旅では奇麗なキジを見ました。

コウノトリはモロッコの旅の時、沢山見ました、幾つもの足環は何処ではめるのですか?。
Commented by koazenokawasemi at 2015-09-10 12:09
REIKO 様 こんにちは
ようやく雨も峠を越しました。本当によく降りました。
コウノトリの足環は兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園の飼育場やその外にある人工巣塔で誕生した雛に付けます。
色の違いで個体番号が分かります。反対側の足には個体番号が入った足環を付けますが遠かったり、汚れたりで分かりづらいので色で分かるようにしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< セッカ 水しぶき >>