ツミ

隣町(市)にツミが営巣しているのを聞いたのは3週間以上も前だった。先日、見に行くと幼鳥が巣の近くの電線に止まっていた。近い、ものすごく近い。こちらとの距離は5,6m位しかない。しかし、時々こちらの方を見ても逃げる様子もなく特に気にしているようでもない。暫くたって、急にバサッと羽音ともに飛び立ったのでその方を見ると自分とほぼ同じ大きさのハトを襲った。結果は失敗だったが、猛禽の本能なのか近くに来た鳥はごちそうに見えるようだ。ハトの方が驚いて近くの枝に着陸し、キョロキョロ付近を見回していた。ここのツミはスズメなどの小鳥とオナガを主に餌としているようだ。時々オナガのけたたましい警戒の鳴き声が鳴り響く。巣立ってからかなりの時間がたっているようで、今では逞しく成長している。きっと、あとわずかで自分のテリトリーを求めてどこかに飛び去るであろう。新たな場所でも逞しく生きていってほしいと思う。
d0121272_1541017.jpg

by koazenokawasemi | 2007-07-03 15:42 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by 小江戸の狸 at 2007-07-03 20:03 x
毎年雛鳥が巣立って行きますが、生存競争が有り親鳥に成長する事が困難なのでしょうね、
猛禽類の天敵? 
餌物の捕獲でしょうか・・・ 一人前に成るには最低限、強靭な体が必要ですね、未熟児では生きていけませんね・・・ 
Commented by 尚さん at 2007-07-04 07:13 x
私の近くの公園のツミは姿が見えなくなりました。子育てが終わり、何処に行ったのでしょうか?オナガのケタタマシイ声も聞こえません。オナガの幼鳥を狙っていたようです。写真の角度ですと逆光に近く難しいところ
を良くおさえられましたね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ヨシゴイ 二敗目 >>