いつもの木の下で

いつもの桜の下で、強い日差しを避けながらいつもの鳥待ち。緩やかな風が熱さを少しだけ緩めてくれる。
しかし、目的の鳥は姿を見せない。オオヨシキリとセッカの鳴き声だけで、今日はキジも見えない。熱いから涼しいところで昼寝でもしているのだろうか。
暫くして何かが動いた。最初はネコかなと思いながら近づいてくるのを待った。正面に来ると止まってこちらを見た。危険なことはないと判断したのだろうか、ゆっくりとタヌキは離れていった。
d0121272_8183283.jpg

その後、やっと目的の鳥が姿を現してくれた。
d0121272_8211384.jpg

あまりにも熱いので早々に退散
by koazenokawasemi | 2008-07-13 23:05 | 野鳥 | Comments(3)
Commented by 尚さん at 2008-07-14 11:50 x
暑いのにご苦労さまでした。狸さん メッシュの皮に変えてやりたいですね!?
Commented by 小江戸の狸 at 2008-07-14 15:51 x
暑い中 頑張りましたね 親戚もご挨拶
狸穴を掘って 涼を取っているのでしょうか?
Commented by koazenokawasemi at 2008-07-14 18:18
尚さん 小江戸の狸さんコメント有り難うございます。
木陰でそよそよした風も会ったのですがなにしろ暑かったです。それより行き帰りに汗びっしょりになりました。
綺麗なタヌキでしょう。Sさんの親戚筋はイケメンか美女かどっちか分かりませんが中々のものです。
近頃、皮膚病タヌキが多く、こんなに綺麗なタヌキは久しぶりです。しかし暑そう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 暑い暑い トンボ >>