カテゴリ:野鳥( 2322 )

またまたベニマシコ

今日は多くの久しぶりの人達に会うことができた。なかには前にお会いしたのがいつだったか忘れるくらいの超久しぶりの超ベテランの大先輩の顔もあった。そんなわけで前半は鳥撮りよりもおしゃべりに時間を費やした。もっとも本日は出が悪くすぐに下に潜ってしまうことが多くカメラを構えても私には撮れない。
こういうときは夕方になると上に上がってくることが多いので途中でクイナ撮りに行った。クイナは全身が見えるところまでは出てきてくれなかったがそれなりに遊ばせてくれた。
d0121272_20494942.jpg

クイナ撮りから戻りベニマシコを待つ。すぐに近くに来てくれた。
d0121272_20514598.jpg

d0121272_20522270.jpg

d0121272_20574452.jpg

アワダチソウの上にも上がってくれた。
d0121272_20532079.jpg

そろそろアワダチソウも種をつけ始めた。もうすぐ嘴にこのふわふわな種を咥えたところが見られるであろう。

ところでこの子は誰でしょう?
ホオジロと思って撮ったのだけど随分目が大きくアイリングもある。数枚撮ったのだけど逆光でどうにか見られるのはこの1枚だけ。
d0121272_2185166.jpg

by koazenokawasemi | 2008-11-19 21:20 | 野鳥 | Comments(4)

お昼休み

天気の良い日は沼のほとりで弁当を食べるに限る。今日は暖かく鳥見しながらの食事は格別だ。
セイタカシギは相変わらず逆光側にいたが、暫くして対岸の順光側で餌を採り始めた。チャンスとばかりに移動する。
d0121272_14582127.jpg

今日はウズラシギ(自信はない)も見ることが出来た。
d0121272_1504488.jpg
d0121272_1514143.jpg

イソシギはいつも忙しい
d0121272_1522342.jpg

by koazenokawasemi | 2008-11-18 15:03 | 野鳥 | Comments(2)

初見初撮り

昼過ぎに仕事が終わったので小遠征。現地に着くとほぼ一年ぶりにお会いする常連さん達が迎えてくれた。
その子はすぐにやってきた。とても可愛い人気者であった。
d0121272_20594746.jpg
d0121272_210289.jpg

コンデジしか持っていないのでうまく撮れない。今度は一眼持ってこよう。
by koazenokawasemi | 2008-11-17 21:01 | 野鳥 | Comments(0)

またベニマシコ

昼食済ませたら外が明るくなっているのに気が付いた。パソコン立ち上げて天気予報をみるがあまり良くない。学生時代、海洋気象学という講義を受けたのを思い出し、天気図とレーダー画像で自分なりの天気予想をする。もっとも成績は優、良、可の「可」でそれも辛うじて単位を取れた点数だったのであてにならない。予報は無理なので予想だ。自分なりの降水確率50%そこから出かけたい気持ちの10%を引き40%、それなら大丈夫と準備を始めた。一応カッパを持ち、動きやすくするため三脚は持たずレンズは300mmとした。
「こんな日は誰もいないぞ独り占めだ」と思いながらペダルを踏む。空が気になるのか知らず知らずスピードが出ていたようでいつもより早くポイントに到着。着いて驚いたいつもの常連さんはじめ昨日より多いカメラが並んでいる。皆さん恐れ入りました。早速仲間入りしカメラを出すと昨日より良く鳥が出ている。これなら三脚といつものレンズを持ってくれだ良かったと後悔する。こんなものだ。
d0121272_223652.jpg

d0121272_2234068.jpg

d0121272_2284343.jpg

葭原の下に生えている草の実を食べている。
d0121272_2245654.jpg

草の中でゴソゴソ動き、出たと思ってシャッター切ったらこのようなスズメやシジュウカラが多かった。
d0121272_22123757.jpg

水路ではカワセミが良く出てきてくれた。
d0121272_22134389.jpg
d0121272_221481.jpg

by koazenokawasemi | 2008-11-16 22:15 | 野鳥 | Comments(2)

ベニマシコ

今シーズンの初見は逆光、枝被りだったので、今日はリベンジに出かけた。個体数も増え期待がふくらむ。しかしポイントに着くと確かに先日より数は多いが、すぐ下に行ってしまう。餌が下の方にあるのか分からないがなかなか見えるところに出てこない。草が動くところを注意して探す。出たと思ったらスズメやシジュウカラ、ホオジロばかりで中々本命が出てくれない。暫くしてようやく目の前に出てきてくれた。
d0121272_19542453.jpg

♀もやってきた
d0121272_1955145.jpg

午後になるとようやく高いところに出るようになった。
d0121272_19565277.jpg
d0121272_19582845.jpg
d0121272_19585869.jpg

ベニマシコを待っているとジョウビタキも撮ってくれと言うばかりにすぐ近くにやってきた。
d0121272_2013269.jpg

水場ではジョウビ♂、シメ、ツグミが喉を潤していた。
d0121272_20105969.jpg
d0121272_20113019.jpg
d0121272_2012157.jpg

他に今季初見のアカハラも見られ満足した鳥見となった。
by koazenokawasemi | 2008-11-15 20:12 | 野鳥 | Comments(8)

波打ち際

静かな内湾の波打ち際に鳥の姿が見える。何という鳥だろうか、忙しく嘴を動かし餌を探している。
d0121272_159527.jpg


うそでーす。内湾ではなく内陸の沼のほとり、逆光で真っ黒なだけです。
例によってお昼休みの散策。でも今日は目的がある。一昨日見たセイタカシギとアオアシシギだ。コンビニで弁当を買い、途中の神社で昼食となり。一昨日見た場所へ向かう。「あれーいない」セイタカ1羽とアオアシ2羽はどこ行った。暫く付近を探しているときに気がついた「風向きが逆だ」それでは対岸にgo こちら側はいつもカモ達が休んでいるところに来ていることが多い。ポイントに近づき目的の鳥を見つけたと同時にその鳥にしっかりレンズを向けている常連さんが見えた。挨拶し早速撮影となったがこちらの岸からは逆光で、最初の画像のような真っ黒写真を量産してしまった。
d0121272_15271333.jpg

d0121272_15275622.jpg

d0121272_15282694.jpg

お昼休みはとっくに終わってしまっているので名残惜しいが撤収とした。
by koazenokawasemi | 2008-11-13 15:37 | 野鳥 | Comments(7)

ツグミも来ました

昨シーズンは年が明けてからお目にかかり、随分遅い来訪だったと記憶している。それが今年は今日会ってしまった。まだ、来て間もないのか地面には降りず木の枝を転々としていた。
d0121272_1927266.jpg

今日のエナガは長居してくれたばかりではなくすぐ近くまで来てくれた。
d0121272_19304125.jpg

水路に行くとジョウビ君が水浴び中だった。
d0121272_19323731.jpg

その後は羽根のお手入れ
d0121272_1933217.jpg

カワセミもやってきた
d0121272_19341420.jpg

薮に行くといつもの鳥が騒がしい。お食事中のようだ
d0121272_19363570.jpg

アオジもちょこっと顔を出す
d0121272_1938167.jpg

寒くなってきたので早めに撤収
by koazenokawasemi | 2008-11-09 19:40 | 野鳥 | Comments(2)

いよいよ冬鳥

数日前からあちらこちらでベニマシコが来たという話を聞く。それでは自分もということで探しに出かけた。枯れたブタクサが沢山ある所で待つことにした。暫くしたら1羽だけだがやってきた。しかしカメラの方向と反対、そして逆光、枝被り。今季初見なので証拠写真だけでもとシャッターを切るがまともに写ってくれない。
とりあえず証拠写真
d0121272_2224233.jpg

ブタクサにはコゲラやカワラヒワも良く来た。このカワラヒワよく田圃で見るものより大きい。ひょっとしたら、以前秋ヶ瀬で話題になったオオカワラヒワなのかも知れない。
d0121272_224192.jpg

d0121272_22122239.jpg

水路ではカワセミが大きな餌をゲットしたものの飲み込むのに苦労している。
d0121272_2281017.jpg

クイナも来た。
d0121272_2284953.jpg

ジョウビタキは♂♀とも良く見られた。♂はフライングキャッチで蛾を捕ってきた。
d0121272_22103024.jpg

d0121272_22111575.jpg

いよいよ冬鳥が本格的になってきた。
by koazenokawasemi | 2008-11-06 22:21 | 野鳥 | Comments(3)

連休最終日

さてどこに行こうか迷ったあげく、午前中は久しぶりのMFの田圃に行くことにした。昨日、隣町の田圃でタゲリを見たがMFでは毎年20日前後なのでこれは期待できない。チョウゲンでもいたらいいなと軽い気持ちで出発した。ポイントに着き広い田圃の隅から隅を見渡す。すると遠くの電柱に猛禽らしきものが止まっている。「いたいたチョウゲン?」、「ちょっとデカイかな」と思いつつ電柱を目指す。やっと確認できるところまで来てよく見るとノスリだった。
d0121272_21244783.jpg

ゆっくり時間をかけて近づくがもう一歩というところで飛ばれてしまった。
d0121272_21281711.jpg

もう1羽気が付かなかったがこかに止まっていたようで2羽で飛んでいった。どうやら番のようだ。帰りがけに飛び去った方向の高圧鉄塔を見上げるとそこに2羽が止まっていた。
d0121272_21325393.jpg

午前中も早々切り上げ、確実なジョウビタキ撮りに転進。
ジョウビは頻繁に出てくれ楽しましてくれた。他にシメ、アオジ、ウグイスなども姿を見せてくれた。いよいよ冬鳥の始まりだ。
d0121272_2138663.jpg
d0121272_21385331.jpg

シメもアオジもよく見られるようになった。
d0121272_21393833.jpg

d0121272_21401479.jpg

薮の中のウグイス
d0121272_21405231.jpg

by koazenokawasemi | 2008-11-03 21:45 | 野鳥 | Comments(3)

タゲリがやってきた

タゲリがやってきた。今季の初見のタゲリ撮りに地元の先輩Sさんに連れて行っていただいた。Sさんが前日見つけた所だ。広い水田地帯の中の一枚の田圃に20羽位のタゲリが羽を休めていた。一年ぶりのタゲリはやはり美しい。これで見たとおりの色で撮れると嬉しいのだが中々うまく撮ることができない。我がMFでは毎年20日前後なので後暫くしないと見ることができない。ひょっとしたらそれほど遠くないので、今日見た群れから小群に分かれてMFに来るのかも知れない。
d0121272_19143615.jpg
d0121272_19152088.jpg

d0121272_19154540.jpg

d0121272_19163340.jpg

d0121272_19171911.jpg

タゲリ撮りに満足した一日だった。Sさんに感謝
by koazenokawasemi | 2008-11-02 19:28 | 野鳥 | Comments(4)