<   2007年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

西多摩

本日は、地元の先輩S氏と一緒にブッポウソウを見に出かけた。しかし、ポイントに着くもブッポウソウは見えない。先着のカメラマンに聞くと朝方ちょっと来ただけとのこと。暫く待ったが現れないので、急遽キビタキ、オオルリ撮りに変更して、先ずはキビタキ。これは、先輩F氏に情報を貰っていたのですぐに撮ることができた。次はオオルリだ。一山越した林道で、双眼鏡のみ持って、一番奥の滝まで行った。マイナスイオンを一杯吸って元気の出たところで探鳥を始め、運が良ければサンコウチョウにも会えるかもと期待を込めて歩き回った。暫くしてS氏が鳴き声を聞き探し始めた。いたいた結構低い枝に止まり、囀って♀を呼んでいる。きっと♀も近くにいると暫く待っていると少し離れた枝に♀が止まっていた。しかし、時間も遅く光量不足でうまく撮ることはできなかった。
d0121272_205582.jpg
ブッポウソウには会えなかったが充実した楽しい一日であった。Sさん有り難うございました。
by koazenokawasemi | 2007-05-29 20:06 | Comments(2)

ホタル

昨日仕事を終えてから坂戸にホタルを見に行った。まだ早いかなと思いつつ、「もう5月の後半だ出ていてもおかしくない」と自分に言い聞かせ現地に向かった。19:00頃に着いたがまだ明るくホタルは見えない。その後何カ所かのポイントを周り、一番奥のポイントで暫く待っていた。暗くなってくると水路の奥でポツリ、ポツリと光り始めた。しかし数はさほど多くない。来週の週末頃が見頃だろう。
d0121272_15563059.jpg

by koazenokawasemi | 2007-05-27 15:57 | Comments(2)

昼休み

昨日の昼休み、先輩F氏はブッポウソウを撮りまくっているのだろうなと思いながら、伊佐沼にコアジサシを見に行った。途中タシギがいる田んぼに寄り、
d0121272_915789.jpg
オオヨシキリやセッカの鳴き声を聞きながら歩いていると少し先の田んぼの畔から1羽のタシギが飛び立った。急いでカメラを向けるも手持ち300mmの限界いつものようにピンポケだった。
by koazenokawasemi | 2007-05-25 09:02 | 野鳥 | Comments(3)

今日はお仕事

本日は、仕事で青梅市と檜原村に行った。青梅の成木は緑が多くて良いところだなと思ったが檜原に着いたらもっと良いところであった。アサギマダラ、ウスバシロチョウやトラフシジミが舞い、沢筋にはワサビが自生し、日当たりの良いところにはユキノシタがもう花を咲かせていた。鳥の鳴き声も良く聞こえ生物相も豊富なようだ。鳥の鳴き声と言えば御邪魔した工場の上を大きな声で鳴きながら飛び去った白い鳥がいた。あれ、まさかと思っていると暫くしてまたやって来た。今度は魚らしき物を咥えている。工場前の道路沿いには綺麗な川が流れている。これならヤマセミがいてもおかしくない。きっとどこかにある巣穴で待つ子供の所に持って行くのだろう。
d0121272_20573055.jpg

by koazenokawasemi | 2007-05-23 20:58 | 野鳥 | Comments(1)

昼休み

昼休みに伊佐沼にコアジサシを見に行った。ポイントに着いたらすでに大口径単焦点レンズを付けた高性能カメラが数台並んでいた。
こちらは小口径ズームレンズ付きの低性能カメラだが横に陣取り、三脚は持っていなかったので手持ちで撮影開始。
しかし、手持ちの限界、いつものようにピンボケばかりだった。
d0121272_2055473.jpg

by koazenokawasemi | 2007-05-22 20:56 | Comments(1)

思いもよらず近くにいました

本日は、久しぶりの休日なので午前中はもうすぐ姿を見せるであろうカワセミの子供達のため(自分のため?)に用水路の整備、午後からは数日前に先輩F氏から情報を頂いたサンコウチョウを探しに行く予定にしていた。用水路であれこれしている最中にF氏からメールが届き「さっきから出っぱなしだよ」とのこと、これを聞いてはじっーとしておれず用水路整備もほどほどに目的地に向かった。
現地に着くとF氏、A氏が出迎えてくれ、他に2名のカメラマンの5人で「あっちに飛んだ」「こっちに来た」などと忙しく撮影を始めた。しかし、林は思ったより暗く、ピンボケ写真の山になってしまった。
d0121272_18242746.jpg

by koazenokawasemi | 2007-05-20 18:24 | Comments(2)

初夏の風物詩

コアジサシが伊佐沼に来てから10日以上がたつ。やっと数も増え、求愛行動も活発に見られるようになってきた。しかし、この♂のように折角プレゼントを持ってきても背中を向けられてはどうしようもない。ヒトならプレゼントだけ貰う♀が多いと思うが、その点コアジサシは気に入らない♂のプレゼントは拒否する。偉いような気がするのは私だけだろうか。
d0121272_16242188.jpg

by koazenokawasemi | 2007-05-14 16:24 | Comments(1)

ムシクイ

昨日は仕事の行き帰り、彩湖の近くの荒川鉄橋を武蔵野線で通った。車窓から見る秋ヶ瀬は鳥が沢山飛んでいるように見えた。そこで、本日は秋ヶ瀬に行こうと決め勇んで出発した。しかし、現実は鳥がいない。顔見知りに聞くと「昨日は沢山いたよ」といつもの返事が返ってきた。朝早くにはキビタキが見られたそうだが、私が着いたときには鳴き声も聞こえなかった。帰りがけにセンダイムシクイ(多分)を逆光の中で撮って本日の鳥収めとした。
d0121272_17354426.jpg

by koazenokawasemi | 2007-05-13 17:36 | Comments(1)

日光

 昨日、日光に行った。もちろん仕事だ。カメラは知らないうちにリュックの中に300mmと一緒に入っていた。折角日光に来たのだからと湯滝から下り光徳温泉の入口まで歩いてみた。本当は赤沼まで行きたかったのだが時間がなかった。
 湯滝から湯川沿いに歩くとすぐに鳥の鳴き声が良く聞こえはじめた。評判通りの所だ。しかし、この日は連休明けにもかかわらず団体のハイカーが多く、折角鳥を見つけてもすぐそばを
団体さんが通るので逃げていってしまう。それでも、ヒガラ、キビタキ、ノビタキなど見られた。また、秋ヶ瀬ではこの頃見られなくなったアカゲラもいた。今度は仕事ではなく来たいと思いながら遊歩道を
d0121272_12535469.jpg
後にした。
by koazenokawasemi | 2007-05-09 12:54 | 野鳥 | Comments(2)

証拠写真

キビタキと争い、離れた木の上に行ったオオルリ。遠くてそれも空抜けで辛うじて分かる程度の写真になってしまった。
d0121272_1293852.jpg

by koazenokawasemi | 2007-05-06 12:20 | 野鳥 | Comments(1)