<   2009年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

またまたヨシゴイ

昨日は、帰りが少々遅かったので、今日はゆっくり出かけよう、さてどこに行く? 天気予報は午後3時頃には雨と言っている。近場しかない、でも近場ではあまり鳥がいない。期待しているカワセミも今年は影も形もない。困った、困ったときはヨシゴイ。ヨシゴイなら確実(何回も騙されている確実)と出発。ポイントに着き、目の前の葦原に目を凝らす。暫くの後、葦原が動く、「居る、出てくる」とファインダーを覗く。すぐに彼女は姿を見せてくれた。
d0121272_20582598.jpg

「今度は飛ぶ」とカメラを構える。上に登ると間もなく上流側に飛んでいった。
d0121272_2101225.jpg

餌を獲りに行ったようだ、帰ってくるまで暫く休憩、しかしなかなか帰ってこない、空も段々暗くなってきた。早めの昼食をとり、鳥が現れるのを待つ。知らないうちに戻って来ていることも良くある。双眼鏡で葦に動きがないか注視する。動きはない、そのうちポツポツと雨が落ちてきた。天気予報より早く雨となってしまった。即、撤収、今日は一度だけのチャンスで終わった。
by koazenokawasemi | 2009-05-31 21:11 | 野鳥 | Comments(4)

ハイキング

空には厚い雲が広がり、天気は雨と予報されていたので、カッパと傘を持ち小さなレンズを付けて出発した。ところが雨は霧雨程度で次第に止み、時々青空がのぞく天気となった。普段の行いが良いのかどうかは別にして、いつものレンズに三脚を持ってこなかったことが悔やまれる。
歩き始めるとウグイスが綺麗な声で迎えてくれた。梢の上で鳴いている。暫く歩くとキビタキの声が聞こえた。暫し探索、居た居た、ちょっと離れた横枝の上、レンズが小さい上に手振れが激しい。
d0121272_20191831.jpg

キビの林を後にして歩を進めると、広い湿性草原に差し掛かる。以前、ワタスゲが一面に広がり綺麗な風景が見られたことを思い出す。ノビでも上がってくれると嬉しいなと思いながら目を凝らすと、なにやら茶色い小鳥が数羽見える。ホオジロ?とファインダーを覗く。アレ、ほっぺた赤い、胸が変、ホオアカだ。低木の上に止まる姿は、まるで盆栽に止まったようだ。それほど遠くはないのだが、やはりレンズが小さい。
d0121272_19414273.jpg

草原の次は林だ。ここではアカゲラの声が聞こえる。すぐに目の前の木に飛んできた。
d0121272_19455655.jpg

アカゲラは数カ所で声や姿を見かけた。
アカゲラが飛び去り、散策を始める、また、草原が現れた、先程の所ではホオアカがいた、ここはどうかな?ちょうどベンチもある、昼食をとりながら目を凝らす。景色は最高、これをおかずに食が進む。来る途中でかったコンビニおにぎりもうまい。立ち寄ったこのコンビニ、この店にしか置いてないパンや弁当、お茶などがあり、安い、とにかく安い、アイスクリームは38円だ、涼しいので今回はパスしたが、次の時はチャレンジしたい。
昼食も終わり歩を進める、次は林、反対側は小さな草原。広葉樹の樹上にはコサメビタキやヒガラが忙しそうに餌を探している。ヒガラは巣材を運んでいた。小さな草原でも小鳥が見える、また、ホオアカ?と良く見ると、今度は待望のノビタキ、♂♀が高茎の草や低木の上に止まる。
d0121272_20143013.jpg
d0121272_20151562.jpg

ノビタキと別れ、カッコウの声を聞きながら進む、途中、ニュウナイスズメや灌木の上のアカハラを見ながら歩く、そろそろ終盤だ、国道に出る手前の林にはコサメビタキが沢山いた。暫く遊んで貰って本日の終了となった。
d0121272_20253077.jpg

今日は、曇ってはいたが、雨に降られることもなく、充実したハイキングとなった。ホトトギスやオオルリの声も聞こえた。しかし、今度はいつものレンズと三脚持って探鳥に来よう。重くてもやはり必要だ。
by koazenokawasemi | 2009-05-30 17:42 | 野鳥 | Comments(4)

その後

先日、ヨシゴイを今季初めて確認できた。この時は♀を♂が追いかけていたように見えたが、今日は仲良く飛んだり、葭原の奥で2羽で周りの草を引っ張ったりして巣作りをしていた。どうやらペアが出来たようだ。
d0121272_20371246.jpg
d0121272_20372156.jpg
d0121272_20374997.jpg

まだ一つがい、もっと来てくれるのを期待しつつ観察を続けよう。
by koazenokawasemi | 2009-05-27 20:40 | 野鳥 | Comments(8)

やっと確認

先週来、気配は感じていたのだがなかなか確認できなかったヨシゴイを、本日やっと見ることが出来た。1羽は来ていると思っていたが、♂♀2羽来ていた。まだ、ペアにはなっていないようで♀を♂が追いかけていた。暫くすればもう少し入ってきてくれると思う。
多分♀
d0121272_21214044.jpg

こちらは♂
d0121272_2122278.jpg
d0121272_21224632.jpg

ヨシゴイ待ちの間はモズやオオヨシキリが遊んでくれた。
d0121272_2124812.jpg
d0121272_21242468.jpg

by koazenokawasemi | 2009-05-25 21:25 | 野鳥 | Comments(4)

お山

前回、お山に行ったときは、本命の姿は最後まで見えずガッカリして帰ってきた。今日はその後の状況を確認しようと朝早く出発した。現地に着くと、コルリはもう2回ほど出たということで期待に胸がふくらむ。
コルリは、期待通り良く出て来てくれた。ただし、右の羽が少し変だ。
d0121272_2153034.jpg
d0121272_21533049.jpg

コマドリは、声は良く聞こえるのだがなかなか出てくれない、朝と夕方の2回だけだった。
d0121272_21554457.jpg
d0121272_2156739.jpg

他はマミジロが一度姿を見せてくれた。
d0121272_21572450.jpg

by koazenokawasemi | 2009-05-23 22:00 | 野鳥 | Comments(4)

八頭 (2)

先日の大フィーバーも終わり、大量に撮影した画像を改めて見直してみた。撮影直後はあまりにも多くて整理がつかず、本日やっと大方が終了した。もちろん消去するものが圧倒的であるのはいつもの通りだ。
改めてみると、気が付かなかった面白い画像が出て来た。
背伸びをしているわけではないのであろうが、何となくそれらしく見えてしまう。
d0121272_21504126.jpg

面白いというより、背中を見せてくれたことに敬意を表して
d0121272_21534017.jpg

by koazenokawasemi | 2009-05-20 21:58 | 野鳥 | Comments(2)

八頭

実家の近くの公園にヤツガシラがいると連絡を頂いた。早速出向くとカメラマンが沢山来ている。珍鳥は人を呼ぶ、きっと公園始まって以来の数だと思う。小学生の頃に何回か遊びに来た記憶があるが、それ以来ウン十年ぶりの来園になった。公園の場所、入園する門などは、生まれ育ったところ近くなので体で覚えている。最寄りの駅から迷うことなく到着した。人気の鳥は数日前からいるとのこと、カラスに追われてもしぶとく居座っているようだ。さて、後どの位居てくれるだろう。
d0121272_20421940.jpg
d0121272_20423427.jpg
d0121272_2043375.jpg
d0121272_20434870.jpg

by koazenokawasemi | 2009-05-15 20:45 | 野鳥 | Comments(14)

天気は良いけど風強い

天気は良いが風が強い。こんな時はチョウゲンが面白い、風を利用してボバをする。風向きも良い、こちらを向いてくれるはずと土手上に待機する。それはすぐにやってきた。目の前でホバリングを見せてくれた。
d0121272_20581461.jpg
d0121272_20582413.jpg
d0121272_20583972.jpg

by koazenokawasemi | 2009-05-14 20:59 | 野鳥 | Comments(2)

春のてふてふ

春と言っても、もう初夏に近い陽気になってきた。私にとって春のチョウと言えばこのツマキチョウとミヤマセセリだ。ツマキチョウはいつも行く川のまわりで飛んでいる。ミヤマセセリは林の中にはいると見ることが出来る。どちらも春しか見られない。今年、ツマキチョウを最初に見たのはサクラの頃、場所は上野公園だった。花見の人でごった返している傍でヒラヒラと飛んでいたのを思い出す。こんな都内の公園にもツマキがいるのだと驚いた覚えがある。残念ながらこの時は止まっても羽根を広げてくれなかった。その後しばしば見ることが出来たが飛んでいるときばかり、今日、ようやくイヌナズナ?に止まっているところを見ることが出来た。完全に翅は開いていないが「ツマキ」は良く見えた。そろそろ近場のゼフィルスを見に行こう。
d0121272_227521.jpg
d0121272_228483.jpg

by koazenokawasemi | 2009-05-12 22:11 | 昆虫類 | Comments(2)

やっぱり落ち着くマイフィールド

この頃、近場では撮る鳥も少ないのでお山に行って黄色や青い小鳥探しが多かったが、今日は久しぶりにMFの様子を見に行った。午前中は川へ行く。カワセミのお母さんがあっち行ったりこっちに来たり忙しそうだった。しかし、毎年ポイントになる所はユンボが入り何やら工事をしている。田植え前には終わるのだろうが、今年は望みは薄いようだ。
d0121272_2215920.jpg

午後からはエナガの雛が巣立ったと連絡を貰ったのでいつもの場所へ向かう。川からは結構距離がある。一生懸命ペダルを漕ぐがなかなか進まない。それに蒸し暑く汗がポタポタ落ちる。
やっとのことでポイントに着くと先輩諸兄はすでに一段落した後、すぐにカメラをセットしておこぼれを頂戴する。少し離れた繁みの中に3羽の雛がかたまって止まっている。親鳥は忙しい餌を捕ってきては雛に与えている。
d0121272_22132642.jpg
d0121272_22135235.jpg
d0121272_22143478.jpg

その後は林の中でキビタキ撮りとなった。
d0121272_22155230.jpg
d0121272_22163263.jpg
d0121272_2217494.jpg
d0121272_22173022.jpg

やっぱりマイフィールドは楽しく撮れる。
by koazenokawasemi | 2009-05-11 22:20 | 野鳥 | Comments(4)