<   2010年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

またベニマシコ

昨日は帰宅が遅くなったので、今日はゆっくりと出発した。もっとも早くても、遅くても出発はいつもゆっくりだけど。
 今日のポイントは風もなく暖かな一日だった。鳥もそこそこ出て来てくれたので退屈することなく楽しめた。
d0121272_2144396.jpg
d0121272_21451914.jpg
d0121272_21455012.jpg
d0121272_21462287.jpg
d0121272_21465990.jpg
d0121272_21472891.jpg
d0121272_2149523.jpg
d0121272_21493185.jpg
d0121272_21505465.jpg
紅梅の花が咲き始めた、早速ウグイスがやってきた。
d0121272_21554254.jpg
d0121272_2156112.jpg
d0121272_2156973.jpg

by koazenokawasemi | 2010-01-31 21:57 | 野鳥 | Comments(4)

ベニマシコ

今日は天気はよいが風が強く寒い。鳥が出てくるまでの間は特に寒い。今日は葦原でベニマシコ撮りに決めた。
 ベニマシコは良く出るが、相変わらず良いところに上がってくれない。
d0121272_2042352.jpg
d0121272_20425492.jpg
d0121272_20432211.jpg
d0121272_20434814.jpg
ウグイスは良いところに上がってくれる。
d0121272_2045629.jpg
クロジは藪の中から顔を覗かしている。
d0121272_20463218.jpg
d0121272_20471888.jpg

by koazenokawasemi | 2010-01-29 20:48 | 野鳥 | Comments(4)

コクチョウ

今日は外での仕事が思いの外早く終わったので一寸足を伸ばし、先日来話題になっているコクチョウ飛来地に行った。このコクチョウ、5日に確認されて以来、地元で人気者になっている。今日も鳥がどこにいるか探すこともなく、人が集まっているところに行けば彼らはそこにいた。
d0121272_21271764.jpg
d0121272_21283054.jpg
d0121272_21301693.jpg

by koazenokawasemi | 2010-01-26 21:32 | 野鳥 | Comments(4)

ベニマシコ

昨日はウグイスで終わってしまったので、今日こそはベニマシコと勇んで出掛けた。今日のベニは♂が♀を追いかけ回すので、落ち着いて撮れるのは1羽づつ採餌に来てくれたときに限った。そして相変わらず良いところには上がってくれなかった。
d0121272_20562562.jpg
d0121272_20564476.jpg
d0121272_20572145.jpg
d0121272_20575543.jpg
d0121272_20583142.jpg
昨日同様ウグイスは良く来てくれた。
d0121272_205954100.jpg
d0121272_2103018.jpg

by koazenokawasemi | 2010-01-24 21:01 | 野鳥 | Comments(5)

ウグイス

今日はベニマシコを撮ろうと葦原へ行った。ベニマシコはそこそこ出てくれたが、いつものように良いところには出てくれない。そのため、今日の主役はウグイスとなった。ウグイスはベニマシコ以上出てくれた。
d0121272_21364577.jpg
d0121272_21371269.jpg
d0121272_21375661.jpg
d0121272_21383751.jpg
d0121272_21385734.jpg
d0121272_21394198.jpg
夕方近くにはオオアカハラが上がってくれた。
d0121272_21413622.jpg
d0121272_2142319.jpg

by koazenokawasemi | 2010-01-23 21:44 | 野鳥 | Comments(4)

今日もゆっくり

午前中の用事を済ませ、のんびり昼食でもとろうと出発した。ポイントに着き、カメラをセットしおにぎりを食べようとバックから取り出そうとした途端鳥達が現れた。クロジ、アオジ、ジョウビタキ、メジロ等々が出て来た。近くの梢にはエナガがやってきた。こうなると昼飯は後回し、忙しくなってきた。暫くすると仲間がやってきて4人で撮影する。また一人やってきた。白鳥を見てから回ってきたとのこと。後はワイワイガヤガヤ楽しい撮影会となった。途中、一瞬にしてジョウビ以外の鳥が消えた。あれ?と上を見るとノスリが真上を舞っている。かなり低く飛んでいる。羽裏の模様がはっきり見える綺麗だ。ノスリが去るとまた小鳥達が出て来た。一通り撮ると、赤いのが見たくなりポイントを移動。しかし、今日も良いところには上がってくれなかった。
d0121272_845218.jpg
d0121272_8453586.jpg
d0121272_8455577.jpg
d0121272_8464123.jpg

by koazenokawasemi | 2010-01-22 23:22 | 野鳥 | Comments(4)

強風

昨日と打って変わり午後から強風が吹き荒れた。いつものようにゆっくり出発なのでポイントに近づくにつれ、ペダルをこいでもこいでも進まない。今日は鳥友から教えて貰った田圃に向かっている。
 やっとこさ目的の田圃に着きケリを探す。遠い休耕田にケリはいた。椅子を出し、三脚を低くして座って待つ。遅い昼食をとり、魔法瓶に入れてきた暖かいジャスミンティーを飲みながらひたすら待つ。その間に強風で2回自転車が倒れた。暫くしてやっとタゲリが近づいた。数回シャッターを押したところでカラスに追われ、少し離れた所に飛んでしまった。ケリもタゲリも警戒心が強いので車ならともかく、チャリンコカメラマンは匍匐前進でもしないと接近できない。遠いが撮れただけでもラッキー、念願がかなったと即撤収を決めた。ケリとタゲリに感謝、鳥友に感謝。帰りは追い風でスピードが上がり、行きの半分ぐらいの時間で帰宅できた。
d0121272_17352873.jpg
d0121272_17354263.jpg
d0121272_1736085.jpg
d0121272_1736868.jpg

by koazenokawasemi | 2010-01-21 17:42 | 野鳥 | Comments(4)

暖かな一日

先日も「暖かな一日」とタイトルを付けたが、今日はそれ以上、異常な暖かさだった。真冬のはずなのにこんなに暖かだと冬鳥は帰り支度をしていまうのではと心配になってくる。きっと今日は鳥の出は悪いだろうと思いつつ、のんびり昼飯でも食べようと、とりあえずポイントに急ぐ。
 ポイントに着き、カメラをセットし目的の赤い鳥を待つも一向に姿を現さない。やっぱりこういう日はダメなんだなと場所をかえジョウビに遊んで貰いながら昼飯にしようと移動する。なにしろゆっくり出発だったのですぐお昼になった。
 ジョウビは相変わらずすぐ出て来てくれた。最初は♀、その後はここの縄張りの主の♂が相手をしてくれた。
d0121272_23205255.jpg
d0121272_23211992.jpg
d0121272_23213549.jpg
d0121272_2322773.jpg
クロジもやってきた。
d0121272_23272274.jpg
d0121272_23275559.jpg
メジロは金柑に来た。
d0121272_23285893.jpg
ジョウビとメジロが不思議そうにレンズを覗いている。
d0121272_23313731.jpg
退屈しのぎにはもってこいの楽しい一日でした。
by koazenokawasemi | 2010-01-20 23:35 | 野鳥 | Comments(2)

白鳥

ここ数年、この時期になると白鳥を見に行く。出発が遅かったので、先ずは田圃へ向かう。毎年、ほぼ同じところの田圃で落穂などを食べている。目的の田圃のはるか手前から白い体がポツポツと見える。体が大きく、白いので見つけるのは楽だ。そこには30羽くらいの白鳥が忙しく食事をしていた。見ていると次々と数羽づつ降りてくる。全部で50羽くらいになった。食事が終わると、そこで休息をとるもの、数羽づつ飛び立つもの色々だ。
d0121272_20451225.jpg
d0121272_20453567.jpg
次は川に向かう。やはり水面に浮かんでいるのが白鳥らしい。それに、今年は珍客が1羽混じっているのだが田圃にはいなかったので川にいると勝手に決めた。
d0121272_2050555.jpg
やはり川にいた。
d0121272_20535459.jpg
d0121272_20541739.jpg
d0121272_20542823.jpg
昨年から鳥インフルエンザの影響で餌やりは中止になった。白鳥たちは見物人の多い方にやってくる。餌を貰えると思っているようだ。白鳥を餌を撒いて呼び寄せて、やっと越冬地として覚えてくれたら、餌を貰えない。ちょっと可哀想な気がする。我が国にはかなりの数の白鳥飛来地が存在する。もし、鳥インフルエンザが流行し、猛威をふるったら集団でいるところは死滅してしまうからかよく分からぬが、餌やり中止は疑問である。各地の飛来地に分散し、それぞれの地元の人から保護されて冬を越して、また渡っていくほうが種の保存になるのではないかと思う。トキやコウノトリは今でも手厚く餌を貰っている。人間のその時の勝手で餌を貰えたり、貰えなかったりなんか変だ。それなら最初から、自然に飛来する所以外の飛来地は作らせない、飛来地では餌やり禁止にしておけば良かったと思う。
ぐだぐた書いてしまったが、来年も元気な姿を見せて欲しい。去年、今年と餌を貰えなかったので次の冬には来てくれないかも知れないが、やっばり来て欲しい。
最後に、コハクチョウとアメリカコハクチョウ
d0121272_21255732.jpg

by koazenokawasemi | 2010-01-19 21:27 | 野鳥 | Comments(2)

寅さん

鳥友からの情報でトラツグミ撮りに行ってきた。ポイントに着くとすでに2名のカメラマンがレンズを向けている。これはラッキー探す手間が省けた。すぐに広いところに飛び出してきた。撮影を始めると、もう1羽がどこからともなく飛んできて、最初の鳥を追い出した。気がつくと7,8名にカメラマンが増えていた。トラツグミは落ち葉の下の幼虫を探しては口に運んでいる。
d0121272_212448.jpg
d0121272_213336.jpg
d0121272_2132379.jpg
d0121272_2135871.jpg
d0121272_2143854.jpg
d0121272_215243.jpg
d0121272_2154094.jpg
d0121272_2173693.jpg
d0121272_2164773.jpg
d0121272_2155911.jpg

by koazenokawasemi | 2010-01-18 21:08 | 野鳥 | Comments(4)