夏鳥

夏鳥と言っても黄色い子や青い子ではない。すぐにそこら中で騒がしくなるオオヨシキリ。昨日の夕方、今季初めて声を聞いたが風か強く姿を見ることはできなかった。そこで本日、姿を求めて昨日の場所へ行った。
今日は風がないので上に登る(どこかで聞いた台詞、ベニマシコとオオジュリンの時と同じ)。その結果は以下のとおり
d0121272_2045556.jpg
d0121272_20462313.jpg
d0121272_20465085.jpg
d0121272_2046599.jpg

オオヨシキリの声を聞くと夏と思ってしまう。今年はちょっと早い?
ヨシキリの後、いつもの土手に行った。曇り空で条件は悪い。それでも色々と見せてくれた。
ホバの後、急降下、獲物はネズミだった。小鳥よりネズミやモグラをよく獲る、時にはコウモリも獲ってくる。優秀なハンターと同時に、畑を荒らすネズミ、モグラを獲る貴重な益鳥だ。
d0121272_20584738.jpg

# by koazenokawasemi | 2009-04-24 20:58 | 野鳥 | Comments(6)

ミソサザイ

先日は天気が悪かったので、本日、再度のミソ撮りに行った。
現地に着くとすぐにミソ君登場、今日は天気が良かったせいか良く出て来てくれた。
d0121272_2131532.jpg
d0121272_2133470.jpg
d0121272_2141745.jpg

d0121272_2161216.jpg

巣材運びも忙しい
d0121272_2163356.jpg

おかげで楽しい一日となり満足して帰宅した。
# by koazenokawasemi | 2009-04-22 21:07 | 野鳥 | Comments(8)

田圃

まだ水を張っていない田圃に鳥が見える。何かな?とゆっくり近づくとムナグロが20数羽、羽を休めていた。もう来たのか、お疲れさん。ゆっくり休んでください。田植えが終わったら本格的に撮らせて貰うからと数枚の証拠写真を撮って、今日の昼休みは終了。
d0121272_13263447.jpg
d0121272_13264444.jpg

水路には相変わらずタシギがいた。
d0121272_13272235.jpg

# by koazenokawasemi | 2009-04-21 13:31 | 野鳥 | Comments(6)

ミソサザイ

今年は何回かミソサザイ撮りに行ったがイマイチの結果ばかりだった。それで本日は再度挑戦に出かけた。
現地に着くととたんに近くで鳴き声が聞こえる。カメラをセットする間にも出て来た。
d0121272_21565967.jpg
d0121272_21572484.jpg
d0121272_2158476.jpg
d0121272_21583447.jpg

ミソは頻繁に現れてくれたが、今にも雨が落ちてきそうな天気で暗く難しい。今度は良い天気の日に来よう。
# by koazenokawasemi | 2009-04-20 22:03 | 野鳥 | Comments(4)

春のチョウ

チョウと言っても鳥ではなく蝶の方。今日はベニシジミ、ヤマトシジミ、スジグロシロチョウ、キタテハ、ルリタテハ、コミスジ等、多くのチョウが飛んでいた。その中でもMFで春のチョウと言えばツマキチョウ、沢山いたがなかなか止まってくれない。見ていると♂と♀が出会った。
d0121272_23373588.jpg
d0121272_23374848.jpg

暖かくなり、虫たちも活発に活動している。
# by koazenokawasemi | 2009-04-19 23:44 | 昆虫類 | Comments(4)

ノビタキ

菜の花ノビを撮ろうと出かけたが見事に失敗。行楽日和に誘われてお客さんが多く、なかなか菜の花に来てくれない、たまに来てもすぐ飛び去ってしまう。シャッター押せたのは一度だけ。
d0121272_21274769.jpg

鳥が来ないのでは話にならないので畑に移動する。ここでは退屈しない程度に来てくれたがちょっと遠い。
d0121272_21323783.jpg
d0121272_2133157.jpg
d0121272_21332250.jpg
d0121272_21362065.jpg

ヒバリやタヒバリ、ツバメなどにも遊んで貰った。
d0121272_2138736.jpg

d0121272_21405242.jpg

今季初めてノビタキに会えたので満足の一日だった。
# by koazenokawasemi | 2009-04-18 21:40 | 野鳥 | Comments(8)

春の野草

昨日は頭に「ありきたり」が付いた。今日はもう少し春らしいものを求めて歩いてきた。
今年は年明けから暖かな日があったためか開花が早いようで、今月末頃に見に行こうと思っていたクマガイソウがもう咲いていた。数日前から咲き始めたらしい。
d0121272_21114511.jpg

クマガイソウ以外のランもキンランやシュンラン、エビネが咲いていた。
d0121272_21142980.jpg
d0121272_21145247.jpg

d0121272_21152742.jpg

ジュウニヒトエ、ヒトリシズカもあった。なんと綺麗な名前だろう。ただ花をみて綺麗と思うかは人それぞれだが・・・
d0121272_21184758.jpg

d0121272_21284778.jpg

フデリンドウはひっそりと小さな花を咲かせている。
d0121272_2122422.jpg

イカリソウも白やピンクの花を咲かせている。
d0121272_21235733.jpg

花は咲いていないが、ちょっとやばそうなものもあった。
d0121272_2125192.jpg

花から花へベニシジミが忙しい。
d0121272_21245712.jpg

# by koazenokawasemi | 2009-04-16 21:29 | | Comments(4)

ありきたりの春の野草

春の野草と言っても、ありきたりが付く。カタクリやイチゲ、イチリンソウなど初春の植物ではない。「何か居ないかな」とブラブラ歩きで出会ったありきたりの野草。鳥はマヒワが2羽だけだった。
先ずはマルバスミレ
d0121272_21321935.jpg

次はタチツボスミレ
d0121272_21331596.jpg

キランソウとマムシグサ
d0121272_21342131.jpg
d0121272_21344056.jpg

今月末にはクマガイソウでも見に行こう。
# by koazenokawasemi | 2009-04-15 21:36 | | Comments(5)

マヒワ

鳥撮りに確実はないということを昨日再確認したばかりだが、手軽に撮れる鳥が思いつかず、確実ではないけど確率が高いマヒワ撮りに決め、ゆっくりと出発した。ポイントに着いたがマヒワは見られず、ジッと待つ。昼近くになってようやく20羽以上の群れがこちらに向かってきた。そして、目の前のクヌギに止まった。チャンスとばかりレンズを向けるが光が悪い。
d0121272_20143441.jpg

逆方向から撮りたいが、道の脇のクヌギなので動くことが出来ない。鳥との距離は5mほど、とりあえずシャッターを押すがやはりうまく撮れなかった。
午後になり少し離れたクヌギの前で待っていると、2羽のマヒワがやってきた。先程の群れとは違うようだ。花を盛んに食べている。
d0121272_2028574.jpg
d0121272_20292687.jpg

アトリも1羽がハンノキの芽を食べていた。
d0121272_20291020.jpg

天気も良く、鳥達の鳴き声も沢山聞こえ、気持ちの良い一日だった。
# by koazenokawasemi | 2009-04-12 20:34 | 野鳥 | Comments(4)

夏鳥はまだ?

ベニマシコやオオジュリンが去ってしまった。従って近場で手軽に撮るものがない。夏鳥までもう少し間がある。さて、どこに行こう?と迷ったあげく、確実であろうチョウゲンボウとマヒワに決めた。しかし、「確実だ」と決めたのはこちらの勝手、そうはうまくいかない。チョウゲンボウは居るには居るが近くで飛んでくれない。イマイチの腕と機材ではどうにもならない。早めの撤収・移動。次はマヒワ撮り、これがまたうまくいかない。午前中はすぐ近くに来たと聞き、その木のそばで待つも来ない。天気は良く、風もそよそよと吹くなかで、ついウトウトしてしまう。暫くの後、離れたところにやっと来てくれた。急いで駆けつけるもハンノキの芽をちょこちょこと食べて移動してしまった。また、暫しの休憩、次に来たところも離れている、中々近くに来てはくれない。駆けつけて少しの間撮影出来たが、今度は強風が吹き始めた、鳥達は風とともにどこかに飛んでいった。今日はここまで早々と帰宅することになった。
d0121272_2171948.jpg
d0121272_217465.jpg
d0121272_218824.jpg

# by koazenokawasemi | 2009-04-11 21:07 | 野鳥 | Comments(6)

山のち里

午前中はお山でミソ撮り、声はすれども姿は見えずが続いたあとやっと出てくれた。
d0121272_2231819.jpg
d0121272_22312742.jpg

午後からはマヒワ撮り、ハンノキの芽をついばんでいた。
d0121272_22382913.jpg
d0121272_22385425.jpg

# by koazenokawasemi | 2009-04-09 22:42 | 野鳥 | Comments(6)

春爛漫

暖かい日が続いている。今日は半袖の人を多く見かけた。暖かさに誘われて虫たちも活発に活動している。
今日はツマキチョウを見た。残念ながら翅を広げてくれなかったが翅と翅の間からチラッと黄色い色が見えたので多分♂のようだ。
d0121272_21103037.jpg

モンシロチョウかスジグロシロチョウか分からぬが桜やシャガの花に吸蜜に来る。
d0121272_21134130.jpg
d0121272_21135091.jpg

# by koazenokawasemi | 2009-04-08 21:17 | 昆虫類 | Comments(4)

お昼休み

昼休みに近くの沼を桜を見に行った。桜は満開、人々が花見を楽しんでいる。
d0121272_142391.jpg

沼の排水路ではタシギが休んでいた。
d0121272_1432279.jpg
d0121272_1434991.jpg

田圃の苗代ではコチドリが忙しく餌を探していた。
d0121272_1442919.jpg

もう少し経つとムナグロなどが見られるようになる。
# by koazenokawasemi | 2009-04-06 14:07 | 野鳥 | Comments(6)

タカ

また、チョウゲンボウに挑戦に行った。今日は午前中は曇、午後からは薄曇りで空が白かったり、うっすら青空だったりして補正が難しい。まるでカラスのようになったり、真っ白になったり、まだまだ練習が足りない。しかしこの場所はうってつけ、頻繁にネスミやモグラ?、小鳥などを運んでくる。練習するには事欠かない。
d0121272_2042512.jpg

ネズミ?を獲ってきた
d0121272_205532.jpg

小骨が引っかかった?
d0121272_2055718.jpg

ノスリもやってきた。
d0121272_2063279.jpg

オオタカも来た
d0121272_207017.jpg

また練習に行こう。うまく撮れなくても楽しい。
# by koazenokawasemi | 2009-04-05 20:11 | 野鳥 | Comments(2)

チョウゲンボウ

久しぶりのチョウゲン撮りに張り切って行ったのは良いのですが、飛び物は中々うまく撮れません。
d0121272_18133344.jpg
d0121272_1814136.jpg

# by koazenokawasemi | 2009-04-03 18:12 | 野鳥 | Comments(8)

半日だけど満足

午前中に用事を済ませ、いざ出発したがポイントに着いたのは2時近く。風も強くあまり期待できそうにない。暫く待っていると、背後の薮の中からベニマシコが出て来た。一度高いところに上がったが、風が強いのだろう、すぐ薮で風が遮られる低いところに降りて餌を探している。
d0121272_21334447.jpg
d0121272_21351167.jpg
d0121272_21353013.jpg

餌は確実に無くなってきている、あと何日居てくれるかな?
# by koazenokawasemi | 2009-04-02 21:39 | 野鳥 | Comments(6)

花見?

満開間近の桜に小鳥が動いている。メジロ?、良く見ると確かにメジロはいる。桜の花に顔を突っ込み蜜をなめている。だがメジロでない鳥がいる。さて何だろう、双眼鏡は持ってないので真下近くまで行って見る。そこにはアトリが止まっていた。周りを見ると20数羽のアトリが背後の木に止まり、時々桜に降りて来る。アトリも花見?
d0121272_21304890.jpg
d0121272_21311153.jpg

# by koazenokawasemi | 2009-04-01 21:38 | 野鳥 | Comments(4)

もうそろそろお帰り?

この所、ベニマシコの数がめっきり減った。少ない鳥が少ない餌を求めてあっちへ行ったりこっちに来たりするので右往左往している。今日は狙いを定めたポイントで待つことにした。狙いは的中♂♀のベニが現れた。餌があるところで待つに限る。今の時期、餌を食べるのに夢中のためか結構近くで撮れる。
d0121272_236461.jpg
d0121272_2362677.jpg

これは、午前中撮ったアトリ
d0121272_2371571.jpg

さて、あといつまで居てくれるだろうか、居なくなると寂しい、そして撮るものが無くなる。
# by koazenokawasemi | 2009-03-31 23:12 | 野鳥 | Comments(6)

ハヤブサショウ

今日は鷹匠さん達が集まりハヤブサショウが開催されると聞き見物に行ってきた。
遠くは岐阜?からも鷹匠さんがきていた。ショウが始まるも猛烈に風が強く、鷹匠さんも、もちろんタカも苦労していた。種類によって風切り羽根の形が違い、今日のような強風だとうまく飛べないものもいるとのこと。ハヤブサも色々な種類がいることを知った。
d0121272_20373970.jpg
d0121272_20382246.jpg
d0121272_20384648.jpg
d0121272_2039650.jpg

回収のため鷹匠さんがルアーを投げると見事にキャッチする。
d0121272_20414921.jpg

見物は我々だけではなかった。ノスリも見に来た。
d0121272_2043481.jpg

ノスリだけではない、ヒバリも上から見物
d0121272_204485.jpg

今日一番の人気は、このカタグロトビ。残念なことに今日は風が強いためか、ハヤブサショウだったためか分からぬが飛ぶことはなかったが、鷹匠さんがカメラマンのためにミニ撮影会を開いてくれた。小さく、綺麗でトップモデルというところだろう。
d0121272_20492024.jpg

次いで人気No.2はこのタカ。この子も鷹匠さんが撮影会を開いてくれた。
d0121272_20574543.jpg

# by koazenokawasemi | 2009-03-29 20:59 | 野鳥 | Comments(4)

寒かった

午前、午後と北風強くとても寒かった。鳥達の出も悪く、あちらこちらに行くもお目当ての鳥はいない。ジャノヒゲが沢山生えているところではその中に頭を入れて実を取っている鳥がいる、ひょっとしてと近寄り良く見ると青い実を咥えたシメだった。シメもジャノヒゲの実を食べることを知った。あとはホオジロ、ジョウビタキ♂♀、アオジ、シジュウカラなどおなじみの鳥達ばかり。
ようやく夕方近くに風も収まり、青空が広がると待望のオオジュリンが姿を見せてくれた。
d0121272_20211736.jpg

ベニが出始めたと連絡を貰い、オオジュリン撮りを中断し駆けつける。
2羽のベニマシコがすぐ近くでお食事中だった。
d0121272_20241650.jpg
d0121272_20251039.jpg
d0121272_20255817.jpg

この子は相変わらず良く出て来た。
d0121272_2028794.jpg

# by koazenokawasemi | 2009-03-28 20:31 | 野鳥 | Comments(6)