初夏の風物詩

コアジサシが伊佐沼に来てから10日以上がたつ。やっと数も増え、求愛行動も活発に見られるようになってきた。しかし、この♂のように折角プレゼントを持ってきても背中を向けられてはどうしようもない。ヒトならプレゼントだけ貰う♀が多いと思うが、その点コアジサシは気に入らない♂のプレゼントは拒否する。偉いような気がするのは私だけだろうか。
d0121272_16242188.jpg

# by koazenokawasemi | 2007-05-14 16:24 | Comments(1)

ムシクイ

昨日は仕事の行き帰り、彩湖の近くの荒川鉄橋を武蔵野線で通った。車窓から見る秋ヶ瀬は鳥が沢山飛んでいるように見えた。そこで、本日は秋ヶ瀬に行こうと決め勇んで出発した。しかし、現実は鳥がいない。顔見知りに聞くと「昨日は沢山いたよ」といつもの返事が返ってきた。朝早くにはキビタキが見られたそうだが、私が着いたときには鳴き声も聞こえなかった。帰りがけにセンダイムシクイ(多分)を逆光の中で撮って本日の鳥収めとした。
d0121272_17354426.jpg

# by koazenokawasemi | 2007-05-13 17:36 | Comments(1)

日光

 昨日、日光に行った。もちろん仕事だ。カメラは知らないうちにリュックの中に300mmと一緒に入っていた。折角日光に来たのだからと湯滝から下り光徳温泉の入口まで歩いてみた。本当は赤沼まで行きたかったのだが時間がなかった。
 湯滝から湯川沿いに歩くとすぐに鳥の鳴き声が良く聞こえはじめた。評判通りの所だ。しかし、この日は連休明けにもかかわらず団体のハイカーが多く、折角鳥を見つけてもすぐそばを
団体さんが通るので逃げていってしまう。それでも、ヒガラ、キビタキ、ノビタキなど見られた。また、秋ヶ瀬ではこの頃見られなくなったアカゲラもいた。今度は仕事ではなく来たいと思いながら遊歩道を
d0121272_12535469.jpg
後にした。
# by koazenokawasemi | 2007-05-09 12:54 | 野鳥 | Comments(2)

証拠写真

キビタキと争い、離れた木の上に行ったオオルリ。遠くてそれも空抜けで辛うじて分かる程度の写真になってしまった。
d0121272_1293852.jpg

# by koazenokawasemi | 2007-05-06 12:20 | 野鳥 | Comments(1)

オオルリ♀

 小江戸の狸さんからリクエストのオオルリ♀。この子はクロジを撮ろうと移動してきたら目の前の枯れ木に遊びに来た。しばらくの間付近の枝とこの枯れ木を行ったり来たりしてサービスをしてくれた。オオルリもそろそろ山に行ってしまうのだろう。
 前日、サンコウチョウの♀を撮った人に会った。ベテランカメラマンはこの日も鳴き声を聞いている。尾羽の長い♂が目の前に出てくれるのを期待してカメラを担いで通う人も多くなることだろう。
d0121272_9254096.jpg

# by koazenokawasemi | 2007-05-06 09:37 | 野鳥 | Comments(2)

再挑戦

 先日は暗い場所でしか撮影できなかったので、本日再度キビタキ撮りに行った。午前中の一時、良く鳴き、度々姿を現してくれたが、昼前に近くでスピーカー持ち込みでのバーベキュー大会が始まると鳥も人も逃げ出してしまった。大きなテントを張り、発電機を回し、大音量の音楽を流ていた。「こんなことして良いのかな」と思ったのは私一人ではないと思う。
 しかし今日は大音量にも負けず、オオルリ♂♀、何か分からないムシクイらしい個体やカケス、アオジが見られて満足の一日だった。そういえばお決まりのクロジは1回チラッと見ただけでシャッターを切らずじまいだった。

d0121272_1903761.jpg

# by koazenokawasemi | 2007-05-05 19:56 | 野鳥 | Comments(1)

キビタキ

今日は、先日のボウズに終わったキビタキ撮りに再挑戦に行った。
A公園はあちらこちらで家族連れや友達同士がバーベキューなどしている。それらを横目で見ながらカメラを担いだ同胞達がうろうろ。子供の森の一角にその鳥はいた。冬に賑わったレンジャクの丘の近くだ。ただし、暗い、これでは良い写真は撮れない。証拠写真で諦めよう。
d0121272_1913411.jpg

# by koazenokawasemi | 2007-05-03 19:02 | 野鳥 | Comments(2)

羽化

先日はダビトサナエの羽化直後を見た。昨日はオオミズアオが羽化直後でまだ羽が広がっていない個体を見た。春は様々な昆虫が発生する。これから夏にかけて多種多様の虫たちが見られるようになり楽しみだ。もう少しで青い蝶も出てくる。ハンノキ林は要注意。鳥たちも多くの種は繁殖期を迎えている。マイフィールドの用水路にも水が入ったことだろう。もう少しで翡翠の子供達がザリガニ捕りを始める。
d0121272_23423317.jpg

# by koazenokawasemi | 2007-05-01 23:43 | 昆虫類 | Comments(0)

チョウジソウ

青い鳥、黄色い鳥を目標に秋ヶ瀬にいったが結果は黒い鳥(クロジ)のみであった。午後からは応援に地元の先輩S氏も駆けつけてくれたのだが残念な結果に終わってしまった。「昨日までいたのにね」とあちこちで聞くと悔しさが増してくるが、次回のお楽しみが増えたと考えることにした。鳥待ちに周りを見ると綺麗な花が沢山咲いている。良く見るとチョウジソウではないか。たしか国、埼玉県のレッドデータブックでは絶滅危惧Ⅱ類に選定されている
d0121272_198877.jpg

# by koazenokawasemi | 2007-04-30 19:08 | | Comments(1)

ミヤマセセリ

春になると地元川越や鶴ヶ島の林で見られるセセリチョウ。八丁湖でも沢山飛んでいた。このチョウやツマキチョウを見ると春が来たという感じがする。
d0121272_2224841.jpg

もうそろそろ数が少なくなってくるのだろう。
# by koazenokawasemi | 2007-04-29 22:24 | 昆虫類 | Comments(0)

サナエ

4月7日、坂戸の高麗川でトンボの羽化直後の個体を見つけた。
どうやらダビトサナエのようだ。これは早いぞ!例年なら4月
d0121272_2183466.jpg
下旬のはずだ。
時々分からない個体を同定してもらうトンボ専門家に画像を送ったところ、県内で今年1番かも知れないとのことであった。
# by koazenokawasemi | 2007-04-27 21:09 | 昆虫類 | Comments(2)

アトリ

本日は、地元の先輩S氏をさそってH湖へ夏鳥を見に出発した。
青いのや黄色いのを期待していったのだが、結果は散々アトリとシメとコゲラしかお目にかからなかった。
d0121272_18172181.jpg

# by koazenokawasemi | 2007-04-26 18:17 | 野鳥 | Comments(1)

今年初

あちこちでオオルリが入った話を聞き始めたのがもう2週間も前。でも自分のフィールドではお目にかかれなかった。
やっと先週の日曜日チラッとだけど見ることが出来た。次はキビタキだ。
d0121272_14145835.jpg

# by koazenokawasemi | 2007-04-24 14:15 | 野鳥 | Comments(0)

まだまだ練習

チョウゲンボウを貼ってみよう。この子は飛びながらこっちを見ていた。
d0121272_1355772.jpg

# by koazenokawasemi | 2007-04-24 13:55 | 野鳥 | Comments(0)

まだ、練習中

ブログ初日 いい年のおっさんにはなかなか難しい。とりあえず先日の成果を貼ってみよう。d0121272_23135226.jpg
# by koazenokawasemi | 2007-04-23 23:14 | 野鳥 | Comments(0)

きままな生き物撮りの始まり

d0121272_2311933.jpg
# by koazenokawasemi | 2007-04-23 23:08 | 野鳥 | Comments(0)