タグ:イスカ ( 6 ) タグの人気記事

大晦日

 今年(2014年)の初撮りはホオジロでした。次いでルリビタキ、アトリと続きました。数日後にはイスカも撮れました。この頃からコミミズクも良く撮れるようになりました。これから始まった一年がもうすぐ終わろうとしています。さて、来年はどうなることでしょう。
 この一年、私の拙いブログにお越し下さり有り難うございます。衷心より御礼申し上げます。
d0121272_1038988.jpg
d0121272_1038542.jpg
d0121272_10394779.jpg
d0121272_1043481.jpg

d0121272_10593835.jpg

今年の撮り納めは、アオゲラ、キセキレイ、コゲラ、シロハラと続き
d0121272_15453184.jpg
d0121272_15454069.jpg
d0121272_15455438.jpg
d0121272_1546481.jpg

そして、大トリは松田聖子さんではなく、ヒヨドリさんでした。
d0121272_15485643.jpg

by koazenokawasemi | 2014-12-31 16:10 | 季節 | Comments(2)

イスカ

朝から雨が降り続いている。明日も天候の回復は望めそうもない。暫く在庫放出が続きそうだ。冬の想い出からイスカ。この冬は当たり年だったようで随分遊んで貰いました。
d0121272_15571322.jpg
d0121272_15572335.jpg
d0121272_1613214.jpg

d0121272_1615354.jpg
d0121272_1625217.jpg
d0121272_1642161.jpg
d0121272_1651684.jpg

by koazenokawasemi | 2014-04-03 16:07 | 野鳥 | Comments(6)

イスカ

 口が寂しいのでお菓子を食べたくなった。こうなるとじっとしていられない。長靴履いてスーパーへ。菓子売り場を一通り見て行くと価格も手頃で見るからに美味しそうなパッケージに包まれた「揚げおかき」なるものを見つけ購入した。家に帰りよく見ると揚げおかきの横に、小さく「大学芋風味」と書いてある。「えっ大学芋味?」途端にすぐ食べようとした手が止まる。一体どこで作っているのだろと裏を見ると、本場草加の煎餅屋さん。きっと煎餅屋のオヤジさんが長年に渡り研究に研究を重ね開発した「大学芋風味揚げおかき」に違いない。でも食べるのは後にしよう。ちょっと楽しみであり、ちょっと怖い。
 画像は先日のイスカ。
d0121272_14155033.jpg
d0121272_14164567.jpg
d0121272_1418960.jpg
d0121272_1419137.jpg

by koazenokawasemi | 2014-02-15 14:21 | 野鳥 | Comments(2)

イスカ

天気は晴れて、気温も上昇している。でも道路は雪だらけ。今日も身動き取れない状態が続く。
そんな訳で、また在庫。在庫と言っても雪の前だからそれほど時間は経っていない。
d0121272_14272041.jpg

d0121272_160108.jpg

d0121272_1428720.jpg
d0121272_1428265.jpg
d0121272_1430228.jpg
d0121272_14301228.jpg
d0121272_14302182.jpg
d0121272_14321099.jpg
d0121272_14324372.jpg
d0121272_14325528.jpg
d0121272_1434368.jpg

by koazenokawasemi | 2014-02-09 14:36 | 野鳥 | Comments(2)

イスカ

 雪が積もっているので外に出たくなかったが必要に迫られ近くのコンビニまで行った。近所の道路脇に雪だるまが出来ていた。子供にとってはほぼ一年ぶりの雪だるま作りだったろう。 少し前までは雪絡みと張り切ったが、今はそんな気持ちは毛頭ない。
 昨日、イスカは雪が大好き?と書いたので、本日は、雪を啄んでいるところ。
d0121272_14554063.jpg
d0121272_1456669.jpg
d0121272_14564552.jpg
d0121272_1458510.jpg
d0121272_14585310.jpg
d0121272_1501227.jpg

by koazenokawasemi | 2014-02-05 15:01 | 野鳥 | Comments(0)

イスカの嘴

 今、「いすかのくちばし」とパソコンに入力したら「イスカの嘴」と変換された。国語辞書をひくと「交喙の嘴」というのが出てくる。「交喙」は「いすか」、「嘴」は「はし」と読むと書いてある。ためしに「はし」とワードに打ち込んでみたら、確かに「嘴」に変換された。「交喙の嘴」とは「物事が食い違って思うようにならないこと」だそうだ。たしかにイスカの嘴は左右に交差している。でも、イスカにとってはこの方が松などの針葉樹の実を食べやすいのだろう。
 先日、仲良くして頂いている大先輩から、イスカは孵化して1.2週間は真っ直ぐな嘴で、その後交差が始まるが、下の嘴が右に出るか左に出るかは決まっていない。という話を聞いた。
 それなら左右別々の個体があるだろうと、在庫のイスカの画像のチェックを始めた。

♂は下の嘴が左、♀は右
d0121272_15391862.jpg

♂右
d0121272_1540762.jpg

♀左
d0121272_1541066.jpg

♂左
d0121272_15414326.jpg

♀左
d0121272_15431714.jpg

 確かに結構バラバラ、左右どちらかにと言うことはないようだ。
 
 外は雪が降っている。我が家の周辺でも積もり始めた。イスカがいるところではかなり積もるだろう。そして路面の凍結、また暫くはイスカに会いに行くことは難しい。でもイスカにとっては大好き?な雪を思う存分口に含むことが出来る。
by koazenokawasemi | 2014-02-04 15:51 | 野鳥 | Comments(4)